結婚式の二次会の服装のマナー

結婚式の二次会の服装について > 未分類 > 結婚式の二次会の服装のマナー

結婚式の二次会の服装のマナー

結婚式の二次会に出席する時の服装は、マナーさえ守れば、少し派手なアイテムやカジュアルな装いを楽しむこともできます。会場の雰囲気をチェックして、服装選びをするとよいでしょう。


例えば男性の場合、白いスーツや羽織袴は避けます。新郎よりも目立ってしまう服装はNGですが、少し光沢のあるスーツや黒以外のスーツなどをうまくコーディネートして、自分らしいオシャレを楽しむのも、二次会ならではです。


また、ジャケットをうまく利用するのもオススメのコーディネートです。いつもの服装にジャケットを着用するだけで、少しカッチリとした雰囲気になりますし、スーツの場合は逆にジャケットを脱いでカジュアルダウンすることもできます。


その場合は、デザイン性の高いワイシャツを選んでおくとよいと思います。“平服OK”と招待状にあっても、Tシャツやスニーカーは避けたほうがベターです。


女性は、白いドレスは避けます。以前は肩出し、素足、網タイツ、サンダルなどはNGでしたが、最近の二次会では肩を出していたり、個性的な色やデザインのドレスを選ぶ人も多いです。新婦以上に目立たない服装を心がければ、マナー違反にはならないことが多いです。


ヘアスタイルや小物なども、キラキラしたものや大きなものなど、会場を華やかにするアイテムを選んで、おおいに二次会を楽しみましょう!

関連記事

  1. 結婚式の二次会の服装をレンタルで用意するには
  2. 結婚式の二次会の服装選び(主催者編)
  3. 指定席につくレストラン形式の場合
  4. 少しかしこまった場所の場合は?(ホテルのバンケットやクルージングなど)
  5. 二次会の開催場所がライブハウスやカラオケボックスなどの場合は?

トラックバックURL

http://www.apulso.net/bridal/34.php/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です